おせち料理2018 人気 口コミ

おせちは日持ちする冷凍が便利

忙しい主婦にとってはおせちを作る手間が省けて時間が節約できる、おせち料理の通販は大変便利です。おせち通販にも冷蔵と冷凍があり、日持ちする冷凍の方が断然安心です。

 

 

最近の冷凍技術は進んでいて味や鮮度を落とさずに急速冷凍してあるので安全性が高い


というメリットがあります。北海道の海鮮おせちなどは美味しい魚介類をふんだんに使ってあり、かにやいくらなとの新鮮な海の幸をおせちとして味わうのには最適です。傷みが早い魚介類だから日持ちする冷凍おせちの方が安心です。

 

冷凍おせちをお取寄せするなら日にちに余裕を持って注文するのがポイントです。年末はどこも忙しくておせちが届くのが遅くなりがちで指定した時間に届かない事もあります。冷凍おせちは解凍する時間も必要なので、それを考慮して注文するのが望ましいです。

北海道の新鮮な魚介類が入ったおせち

冷凍おせちのメリットは作ったおせち料理をするに急速冷凍していますので食品が劣化してしまう心配がないことだと思います。最近の冷凍おせちの技術は進歩していますから冷蔵おせちと同等もしくはそれ以上の風味も味わえると評判です。

 

北海道の冷凍海鮮おせちにおいては、その食材の新鮮さをそのままお正月の食卓に持ってくる事ができると大人気なのですよ。冷凍おせちにおいて気を付ける事は解凍の仕方です。食品によって特徴がありますから失敗するとべたついてしまう可能性もあります。

 

しかし、添付されている説明書の通りに解凍すれば失敗することはないようですので、ぜひ安心して冷凍おせちのお取り寄せに挑戦してみてくださいね。特に北海道の海鮮がたっぷり詰まったおせちはお勧めですよ。というのも、

 

 

真空パックされた状態で冷凍してあるので鮮度を保った海鮮が堪能できるという訳です。


このように、鮮度や品質保持の為にメジャーになりつつありますが匠本舗おせちは全品冷蔵おせちなのでこだわりが感じられてお勧めの通販でもあります。

味しみおいしい♪簡単煮物

実家から独立した時になんとな〜く作ってみたらヒットしたレシピです。簡単で節約しつつ、常備出来て、お酒のつまみになる!ということでしょっちゅう作っています。「里芋と卵とネギの煮物」材料費は600〜700円程度です。材料は

 

 

  • 里芋適量(私は常備菜にしたいので1袋使います)
  • 長ネギ1本〜2本
  • 卵3〜4個(好きな量で)
  • 出汁醤油・みりん・酒1

鍋に水と出汁醤油、酒、みりんを沸かします。材料を全て入れてひたひたになるくらいの量で。割合は味見をしながら調節するのがベストです。

  1. 里芋は皮をむき、長ネギは斜めに少し太めに切っていきます。すき焼きに入れる長ネギのイメージで。
  2. 煮汁が煮立ったら里芋だけ投入。10分〜15分、柔らかくなるまで煮ます。
  3. この間にゆで卵を準備します。別の鍋に湯を沸かし、超半熟卵を作ります。時間の目安は、沸騰したところから入れて8分。時間になったらすぐに冷水で冷まします。
  4. 里芋に火が通ったくらいでネギを投入。数分煮て、ネギがしんなりしてきたら火を止め、その時に殻をむいた卵を入れます。
  5. しばらく置いて煮汁が冷めたら完成です。

できれば冷蔵庫で1日冷やしておくと、味が馴染んでおいしい!

 

>>口コミ評価の高いおせち料理の購入はコチラ<<